ウーマン

シミの原因をきちんとブロックするサプリ|ジリジリ迫る加齢に逆おう

足りない栄養素を効率的に

食材

他の食品と比べ野菜は低カロリー、低脂肪ですが、食物繊維やビタミン・ミネラルがたっぷりと含まれている食品です。これらの栄養素は、人が健康的な生活をおくるためには欠かせないものなので、野菜不足にならないようにしたいものです。昨今は野菜の食物繊維やビタミン・ミネラルが人の生理作用に及ぼす作用以上に、野菜に含まれる抗酸化物質の作用が注目され、積極的に十分な量の野菜を食べることが大切だといわれています。では1日にどれくらいの量の野菜を食べれば野菜不足にならないのでしょうか。厚生労働省は1日にとる野菜の量を350mg(うち緑黄色野菜120g)を提唱しています。しかし野菜が体にいいことはよくわかっていても、よほど意識して工夫しなければこの量を満たすことはたいへん難しいものです。

最近はコンビニやドラッグストア、ネット通販などで手軽にサプリメントを入手できるようになりました。健康意識の高まりもあり、不足しがちな栄養素を効率的に摂取できるのが人気のようです。野菜不足を解消するためにサプリメントを利用する人が年々増加しています。栄養素は普段の正しいバランスのとれた食事でとることが基本ですが、外食が多く野菜不足になりがちの人は、サプリメントを上手に利用するといいでしょう。サプリメントは食品ですから医薬品のような厳密な摂取方法は決められていませんが、食後に摂取する方が消化・吸収されやすくなります。またビタミンB群やCなどの水溶性ビタミンは体内に蓄積されないので、1日あたりの分量を数回に分けて摂りましょう。